光ファイバー中を伝搬するレーザー光の高出力化に伴い、光ファイバー内での誘導ラマン散乱(SRS)や誘導ブリルアン散乱(SBS)といった非線形光学効果が起こりやすくなる。これが高出力ファイバーレーザーの特性を制限する。この非線形光学現象を避けるためにはコア径の大きな光ファイバーか短尺の光ファイバーが必要である。しかしファイバー長を短くすると、相互作用長が短くなり、ファイバーレーザーの効率が低下してしまう。よって、高効率を維持しながら非線形光学現象を抑えるためにはモードエリア(モードフィールド)が大きな光ファイバーが必要となる。そこで開発されたのが、低NA・大口径化された大モード面積(Large Mode Area : LMA)ファイバーである[1-3]。LMAファイバーはその開発の経緯からも分かるように、多くの場合ダブルクラッドファイバー(DCF)である。

通常のダブルクラッドファイバーとLMAダブルクラッドファイバーの違いを図1に示す。

大モード面積ダブルクラッ ドファイバー

図1:(a) 通常のダブルクラッドファイバーと(b) 大モード面積ダブルクラッ ドファイバー

波長1064nmの一般的なファイバーレーザー用のSMファイバーのMFDは6μm位でモードエリアは約30μm2である。これに対し、コア径30μmの高出力ファイバーレーザー用LMA(ダブルクラッド)ファイバーでは、MFD~24μm、モードエリアは約450μm2である。これにより、SMFのCWファイバーレーザーにおいて~100WだったSRS閾値が、LMAではkWレンジまで増加する[3]。またパルスファイバーレーザーの場合、SRSの閾値は通常のSMFの場合でピークパワー~20kW、LMAファイバーの場合~300kWになる。SI型ファイバーにおいてシングルモード伝搬するためには、コア径dとコアのNAの間に次式の関係が成り立つ必要がある。

コア径d とコア のNA の関係

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目