下表にファイバーレーザーの発展の歴史をまとめた

ファイバーレーザーの歴史
1961年 Nd添加ガラスレーザー(E. Snitzer)
1964年 Nd添加ファイバーレーザーによる光増幅(E. Sntzer)
コア径10μm、長さ1m
1970年 SELFOC分布屈折率型ファイバーレーザー連続発振
(NEC&日本板硝子)
光通信用ファイバーレーザーの研究の時代
1991年 H. Po Nd添加矩形断面クラッド励起+LDバー励起
→ 5W出力
1995年 A. Tunnermann, Nd添加ファイバーレーザーD型断面
→ 9.2W出力A. Liu, K. Ueda, Nd添加ファイバーレーザー 矩形
→ 1.9W出力
1996年 SDL Nd添加ファイバーレーザー →110W
2002年 Nd添加ファイバーディスクレーザー → 1kW出力
(UEC, Hoya, Hamamatsu)IPG バンドル化ファイバーレーザー → 1kW出力以降、Yb添加ファイバーレーザーによる高出力ファイバーレーザーが商品化され、普及していく

最初のファイバーレーザーは、Snitzerによるもので、Nd添加ファイバーが用いられた。ファイバーのコア径は10um、クラッド径は0.75〜1.5mmであった。励起光源はフラッシュランプで、ファイバーはフラッシュランプに巻かれていた。

Reference and Links

  1. 植田憲一,「ファイバーレーザーの歴史と将来展望」,ファイバーレーザー合宿セミナー2012
  2. E. Snitzer,”Optical Maser Action of Nd+3 in a Barium Crown Glass”Phys. Rev. Lett. 7, 444–446 (1961)