光ファイバーには様々な種類がある。ここでは最も基本的なファイバーの種類とその特徴を説明する。ファイバーを材料で分けると、石英ファイバーとプラスチックファイバーに分類されるが、ここでは石英ファイバーのみ扱う。また、詳しくはリンク先で説明する。表の中のSMF、DSF、NZ-DSFはITU-Tの国際標準で規格が定められている(GI-MMF;G.651、SMF;G.652、DSF;G.653、NZ-DSF;G.655)。また、表には載っていないが、カットオフシフトファイバー(Cut-off shifted single-mode optical fiber)はG.654で定められている。

表1:ファイバーの種類と特徴
ファイバーのタイプ モード 説明
ステップインデックス型
マルチモードファイバー(SI-MMF)
マルチ モード分散が大きい
グレーデッドインデックス型
マルチモードファイバー(GI-MMF)
モード分散が小さい
シングルモードファイバー
(Single-Mode Fiber:SMF)
シングルクラッド
ダブルクラッド
シングル 零分散波長1.3μm
分散シフトファイバー
(Dispersion Shifted Fiber:DSF)
零分散波長1.55μm
非零分散シフトファイバー
(NonZero-DSF:NZ-DSF)
零分散波長≠1.55μm
(例:零分散波長1.6μm&1.4μmなど)
高非線形ファイバー
(Highly NonLinear Fiber:HNLF)
非線形性が大きい
低非線形ファイバー 非線形性が小さい
偏波保持ファイバー
(Polarization Maintaining Fiber:PMF)
シングルクラッド
ダブルクラッド
直線偏波を維持できる
ダブルクラッドファイバー
(Double Clad Fiber:DCF)
高出力が可能
フォトニック結晶ファイバー
(Photonic Crystal Fiber:PCF)
シングルクラッド
ダブルクラッド
広い帯域のシングルモード
コア断面積が大きい
波長分散が大きい
複屈折が大きい

ここでは、基本的で大雑把な分類分けをしたが、実際にはより細かな分類(例:偏波保持ファイバーの中のPANDA、 Bow-Tie 、楕円ジャケットファイバーなど)や、これらの特徴を組み合わせたファイバー(例:偏波保持フォトニック結晶ファイバー、高非線形分散シフトファイバーなど)が存在する。

※ITU-T勧告とは、国際電気通信連合( International Telecommunication Union : ITU )電気通信標準化部門(ITU Telecommunication Standardization Sector : ITU-T )が電気通信システム、ネットワーク、サービスに関する技術、運用、性能、保守等に関して作成した国際規格のことである。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目