ファラデーミラーは、ファラデーローテータ(回転子)とミラーで構成される。ファラデーローテータ(回転子)は、直線偏光の偏光面を45°回転させる。ファラデーミラーへの入射光の偏光は、まずファイラデーローテータ(回転子)で+45°回転し、その後ミラーで垂直に反射される。反射光の偏光は、ファラデーローテータ(回転子)を戻るときにさらに同じ方向に+45°回転する。これにより、戻り光と入射光の偏光は直交する。
ファラデーミラーを用いることで、ファイバー内を前進・後退する光の偏光状態がファイバー内部の複屈折がどのような状況であっても直交することになる。

アプリケーション

ファラデーミラーのアプリケーションをいくつか列挙する。

  • ファイバーレーザー
  • ブリルアン増幅
  • 光ファイバー干渉計
  • 光ファイバーセンサ
  • 光ファイバーモジュール


::Optishopのファラデーミラー

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目