位相変調

ニオブ酸リチウム(LiNbO3)、チタン酸バリウム(BaTiO3)、KTN結晶等の強誘電体に電界を加えると屈折率が変化する。これを電気光学効果といい、電場の強さに比例するものをポッケルス効果、自乗に比例するものをカー効果という。
電気光学変調器は、この性質を利用したもので、屈折率の変化に寄る位相のずれを活用して位相変調を行う。これら誘電体の応答速度は非常に早いので、変調器の応答速度も早くなっている。

強度変調

典型的なマッハツェンダ型強度変調は、入射光を導波路で2つの光路に分け、片方の導波路に位相変調を行う。その後2つの光を干渉させることで強度変調を行う。

LN変調器」のメーカー

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目