光ファイバーにおける分散は、モード分散、偏頗モード分散、波長分散である。波長分散は材料分散、導波路分散に分けられる。
以下に、それぞれの概要を示す。

モード分散

MMFにおいて、モードの光路が違うことに起因。
材料分散や構造分散に比べて非常に大きい。SMFを用いることでゼロになる。

偏波モード分散

直交する2つの偏波モード間に群遅延が生じることに起因。
偏波保持ファイバーを用いることで解消。

波長分散

材料分散

物質の屈折率が波長に依存することに起因。
石英ガラスなどの物質特有のものなので制御することは困難。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目