光ファイバーにおける分散は、モード分散、偏頗モード分散、波長分散である。波長分散は材料分散、導波路分散に分けられる。
以下に、それぞれの概要を示す。

モード分散

MMFにおいて、モードの光路が違うことに起因。
材料分散や構造分散に比べて非常に大きい。SMFを用いることでゼロになる。

偏波モード分散

直交する2つの偏波モード間に群遅延が生じることに起因。
偏波保持ファイバーを用いることで解消。

波長分散

材料分散

物質の屈折率が波長に依存することに起因。
石英ガラスなどの物質特有のものなので制御することは困難。

導波路分散

コアとクラッドの導波路構造によって決まる。
クラッドへしみ出す光の割合が光の波長によって異なることが原因。
屈折率差とコア径を変化させることで制御可能。