PANDA ファイバーは基本的には SMF であるので通常の SMF と同様に伝送損失、カットオフ波長、モードフィールド径 (MFD) は重要な特性である。

PANDA ファイバーはX偏波とY偏波で屈折率構造が異なるのでカットオフ 波長は 2 つある。X 偏波の方が等価屈折率が高く、カットオフ波長が長いため、2 偏波のいずれも使用できるように、通常は X 偏波のものがカットオフ波長とし て定義されている。また、モードフィールド径もX・Y 偏波で僅かに差がある。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目