高非線形ファイバー(HNLF、ゼロ分散、低分散スロープ)とSMFを交互に接続して構成され、HNLF中での非線形効果(SPM)とSMF中での分散効果の相互作用によりパルス圧縮を実現する。図に示すように、分散特性と非線形性が櫛形になる。

CPF-1
図 1 CPFの模式図及びパルスが圧縮される様子

CPF-2
図 2 CPFにおける分散特性と非線形性

また、CPFにおけるパルス圧縮原理を以下に示す。

CPF-3
図 3 CPFにおけるパルス圧縮原理

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目