チタンサファイアレーザーは 1982 年に P.F.Moulton により始めて発振が確認された。チタンサファイア (Ti: A2O3 :Ti:sapphire) 結晶は、ルビーレーザー (Cr: Al2O3 レーザー) の母材と同じサファイア結晶 (A2O3) に Ti3+ をドープしたものである。A2O3 は熱伝導が良いため、高繰返し、高出力レーザーとして適している。これらの特徴から、チタンサファイアレーザーは Dye レーザーの代替として広く実用化されており、フェムト秒分光や非線形光学、白色光発生、テラヘルツ波発生などの研究に幅広く用いられている。

チタンサファイアレーザーの吸収スペクトルと蛍光スペクトルを図1に示す。図のように、Ti: A2O3の蛍光スペクトルが非常に広いため、レーザー共振器内に波長選択素子を挿入することにより、660~1100nm の範囲の波長可変レーザーが可能になる。更に、モード同期によりパルス幅 5.5fs までの超短パ ルス化が可能であり今でも研究が進められている。普及しているチタンサファイアレーザーのパルス幅は~100fs、繰返し周波数は 70~80MHz で、平均出力は~2.5W 程度である。

一方、吸収スペクトルは緑色領域 (ピークは 488nm) にあり、また蛍光寿命と誘導放出断面積の積が小さいため、レーザー発振にはビーム品質の優れた強い励起光が必要である。よって LD 励起ではなく、アルゴンイオンレーザー (514nm) や Nd:YAG、Nd:YLF、Nd:YVO4 レーザーの第 2 高調波 (527~532nm) によるレーザー励起となっている。これは Ti: Sapphire レーザーの不安定性の原因となっているため、最近は LD で直接励起する方法も検討されている。

チタンサファイアレーザーと同様の原理で発振する赤外域の超短パルスレーザーでは、Cr:Forsterite 結晶を用いた Cr:Forsterite レーザーが市販されており、InGaAlP 系 LD (670nm 帯) で励起できる Cr:LiSAF や Cr:LiCAF レーザーも存在する。

chapter1-23

図1:Ti: A2O3の吸収スペクトルと蛍光スペクトル

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目