【Auston switch 光伝導スイッチ】

  これまでの研究でレーザー損傷に誘電体を構成する原子の電子を消滅させる能力、電子付着係数や誘電体や導体中ならば電子の再結合係数が関係している可能性があると考えたので、固体物質中の電子数を計測することを試みた。レーザーを使った誘電体スイッチとしては、有名なオーストン・スイッチAuston Switchによる光伝導実験が思い当たります。これは1975年に発表された論文で、高抵抗シリコン(104cm)にピコ秒ゲートの可能性を開き、

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
ログインパスワードをメールにてお送りします。 間違ったメールアドレスで登録された場合は、改めてご登録していただくかお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目