【レーザー光とはどんな光】

レーザー光と普通の光とはどこが違うのでしょう。普 通の光源では、光源から出てくる光は四方八方に方向性 なく出てきて、その波束は不規則な切れ切れの波で光源 の各場所からランダムに放出されると考えられています。

といってもこの考え方自身、レーザー光、すなわちコ ヒーレントな光が登場してはじめて理解されるように なったものです。もちろん、プランクが量子仮説を出したときには、光源からの光エネル ギーは塊として放出されることを考えついたのですが、そこには波の考えがないので、位相が揃った光、つまりコヒーレントな光という概念自身がありません。レーザーを特徴付 ける性質として、レーザー光はきれいな正弦波が長時間連続していると教科書では習います。これが時間コヒーレンスで、光源の場所が変わっても位相が揃った光を出すというの が空間的コヒーレンスです。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
ログインパスワードをメールにてお送りします。 間違ったメールアドレスで登録された場合は、改めてご登録していただくかお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目