【フーリエ成分増幅方式】

2002年、日本で初めて1kW出力のファイバーレーザーが開発された直後、三菱電機中央研究所でフォトンテクノロジーの会議を開 いた。1kWのファイバーレーザーを報告すると、以前、レーザー加工にはCWレーザーが必要で、パルスレーザーなどは不要だといっていた レーザー加工の研究者たちが、パルスレーザーはできないのか、と新たな要求をするようになった。そのような要求はなかったので、真面目な検討はしてこなかったが、研究者の常として、質問されてできないという返事をする気にはならなかった。意地っ張りの研究者である筆者は、「もちろんそれはできますよ。個別のファイバー増幅器は連続発振光を増幅するとして、その周波数に一定の間隔の周波数オフセットを付加 しておいて、多数のビームを同じ点に集光してやれば、集光点上でフーリエ合成されます。CW光から短パルス光を発生させ、物質と相互作用させることができるはずです。」と答 えました。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
ログインパスワードをメールにてお送りします。 間違ったメールアドレスで登録された場合は、改めてご登録していただくかお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目