レーザーマーキングは、主に金属へのロゴ、商品名、シリアル番号、規格や型番などの商品情報を印字するために用いられる。レーザーマーキングはマスク方式とスキャン方式に大別できる。

マスク方式は、特定のマスクのパターンをワーク状に転写する加工である。描くパターン毎にマスクが必要であるため、少品種で小面積のマーキングで用いられる。

スキャン方式は、ガルバノを用いてビームをx軸とy軸方向にスキャンさせ、材料表面に文字や図柄を描く。ガルバノの制御プログラムにより柔軟にパターンを変えられ、マスクによる寸法の制限も無いため、多品種で大面積のマーキングで用いられる。

マスク方式とスキャン方式の両方を取り入れたハイブリッド方式もある。

 

参照

レーザー加工機

参考となるサイト

レーザーマーカーのデータベース

レーザー加工機レーザーマーカー加工用ファイバーレーザー

レーザーマーキングトライアル