レーザー分光(laser spectroscopy)

レーザー分光(laser spectroscopy)とは 分光法は,分子や原子のエネルギー準位間の遷移による発光や光吸収を利用した分析法である近年のレーザー技術の発達により,光吸収や励起に用いる光源として,高輝度,挟線幅…

Details

分子分光学(molecular spectroscopy)

分子分光学(molecular spectroscopy)とは 分子には振動および回転の自由度があるため,原子(原子分光学の項参照)と比較してスペクトルは緻密かつ複雑になる.スペクトルから分子構造や分子内ポテンシャルを決…

Details

顕微分光法(microspectroscopy)

顕微分光法(microspectroscopy)とは 顕微分光の例として紫外可視吸収や蛍光測定はもとより,赤外吸収,ラマン散乱など知られている.また,最近では光熱変換過程の測定に基づいたきわめて高感度な熱レンズ顕微鏡や,…

Details

原子分光学(atomic spectroscopy)

原子分光学(atomic spectroscopy)とは 原子によって肱出または吸収される電磁波のスペクトルから,準位のエネルギー値を決定し,原子内,原子間,あるいは原子と外場の間の相互作用について知ることができる.電子…

Details

分光測定器

分光光度計 光を試料に照射したときの透過・反射特性を測定する装置を分光光度計と呼ぶ.測定可能な波長範囲によって識別される他,測定手法にもいくつかに分けられる.ここでは,分光計測の原理と分光計測器構成について簡単に述べ,最…

Details

28・2 線形分光学-1

レーザーを光源として気体原子・分子の線形分光をおこなう方法には,大別して固定周波数レーザーを用いる方法と周波数可変レーザーを用いる方法とがある.いずれの方法もプリズムや回折格子などの分散系を用いずに,気体原子・分子の吸収…

Details

28・3 線形分光学-2(高感度分光法)

ここでは微弱な原子・分子の吸収線を検出するためのさまざまな高感度レーザー吸収分光法の原理,実現方法および応用例を示す. 28・3・1 周波数変調(FM)分光 吸収分光においては試料に光を入射し,その透過光の強度変化から吸…

Details